FC2ブログ

SU-cub blog

C50 ・ CT110で、のんびり、ゆっくり、トコトコツーリング。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敗北・・・(秒殺される。)


はりきってパンク修理開始!
もう3回目だから大丈夫だもんねー・・・と思いながら。176_convert_20100816210748.jpg
漏れ箇所発見!チューブごと取り換えますが、一応確認はしたい。
横の方から漏れ・・・なぜ?・・・釘などの異物もなし・・・?
新しいチューブを入れて後は空気を入れるだけ。
が、しかーし!タイヤの圧が上がらない・・・?なぜ?
もしや?
この暑さ60分ほどの作業でくたくた・・・。
ギブアップ!嫌味なバイク屋さんへ持っていく事に・・・くそー・・・。
さすがプロ 早い!レバーを使わずタイヤを、あっ という間に挿入・・・。すごい・・・。
最後に『最初からうちに持ってきとけば良かったね!』と。   くやしい・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/16(月) 21:32:29|
  2. CUB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<電線音頭 | ホーム | パンク!>>

コメント

まいどです

この前、会社の上司のCD125のパンク修理をやらせてもらったんですけど、
マイナスドライバーで無理やり取り外したので、チューブの横や裏に五ヶ所ほども傷をつけてしまい、余計に悪化、結局バイク屋に持っていきました。

新しいチューブでも、取り付ける時に傷をつけてしまう事があるのでご注意を!
  1. 2010/08/16(月) 21:53:16 |
  2. URL |
  3. ヨナ #-
  4. [ 編集 ]

>ヨナさん!

まいど!です。
その通りです。挿入する時のレバーでの傷が原因でした。
レバーを使わずに上手くやる方法を教えてもらいました。
今度・・・説明します。  目からウロコでした・・・。
  1. 2010/08/16(月) 22:36:20 |
  2. URL |
  3. すーさん #-
  4. [ 編集 ]

同じ経験しました(苦笑)
1回目はスーパーカブで。 一応自力で直せました。
2回目はCT110なんですけど、結局2本もお釈迦にしてしまって最終的にプロに任せました。 プロの作業はスムーズだし早いです
  1. 2010/08/16(月) 22:43:30 |
  2. URL |
  3. ”キタノ” #kxve.SF.
  4. [ 編集 ]

まいどです。

私も今回、タイヤ交換しました。

自分でやる気はあったんですが

あまりの暑さに・・・・自分でやってたら確実に失敗してましたわ(^^;)

間違いない!!

  1. 2010/08/17(火) 20:50:51 |
  2. URL |
  3. 乃寄席 #-
  4. [ 編集 ]

>"キタノ”さん!
お帰りなさい!関西は暑いですね。うらやましいー!

今回は私の負けです!(笑)でも次は自分で完璧にやる自信はあります!
くやしいです!
  1. 2010/08/17(火) 21:32:53 |
  2. URL |
  3. すーさん #-
  4. [ 編集 ]

>乃寄席さん!

まいどです。
バイク屋さんとの違いは、設備だと思います。リフト、作業台、バイス、コンプレッサー等
もちろん経験もですが、・・・・私達でもそこそこはできると思います。できるだけ腰を曲げないようにすれば・・・。間違いない!!
  1. 2010/08/17(火) 21:43:16 |
  2. URL |
  3. すーさん #-
  4. [ 編集 ]

あります。あります。
せっかく苦労したのにタイヤが膨らまない上、また外さなければならない絶望感ときたら・・・
  1. 2010/08/19(木) 21:24:33 |
  2. URL |
  3. ダンデライオン #-
  4. [ 編集 ]

>ダンデさん!

お久し振りです。キャンプ楽しそうですね!
この暑さでの作業は、ひじょーにつらいです。
もうレバーは使わないようにします。
  1. 2010/08/20(金) 16:09:12 |
  2. URL |
  3. すーさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://c50sn.blog134.fc2.com/tb.php/58-2d2ddebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。